• このエントリーをはてなブックマークに追加

農業界で働きたいなら参加必須!日本農業をけん引する農業法人と直接話せるイベント「Agric2018」

Pocket はてブ

3月25日(土)、年に一度の農業界の就職・転職イベント「Agric2018」が開催される。農業・アグリビジネスの「面白さ」や「可能性」を知ることができる、1日限りの就転職フェアだ。参加は無料。

近年、農業に関心のある若者は多い。実際に高齢化が加速している日本農業では、農業のバックグラウンドの有無に関わらず、若者が活躍できるチャンスは地方に沢山眠っている。

一方で、「どのようにアクションを起こせばいいのか?」とか、「興味はあるが東京にいると農業の実態がわからない」という声をよく聞く。そんな学生・若手社会人の方に、是非、参加を勧めたいのがこのイベント「Agric2018」だ。

見所は、農業界を牽引する注目企業による超豪華農業セミナーだ。富士通やJTB、オイシックス、イオンアグリ創造などの大手をはじめとした企業のキーパーソンが、日本の農業の最新事例を紹介する。農業の価値は作物を生産することだけに留まらない。こちらのセミナーを聞いて新たな農業の側面を覗いてほしい。

本格的に就農を考えている方には、座談会形式のトークショーがおすすめだ。新規就農した先輩農家による現場のリアルな声を聞くことができる。そしてこのイベントには50社もの農業法人・農業関連企業が参加し、各企業がブースを出展している。各企業の社長や従業員と直接会話ができる絶好の機会なので、是非こちらも立ち寄ってみるといいだろう。これだけ多くの農業法人が集まるイベントも珍しいので、自分のイメージにぴったりな農業法人が見つかるかもしれない。就農に関する疑問や不安も、ここで解決してしまおう。

農業界に興味があるが、実際どんな形で関われるのか具体的なイメージがついていない方には、会場に4ブース設置予定の「就職・転職・就農、なんでも相談ブース」を回ってみるといいだろう。会場の周り方、自分に合う会社の見分け方、新規就農の初め方など、なんでも相談ができる。

気になった方は、年に一度のこのイベントに参加してほしい。農業界で働くことを考える方にとってスペシャルな1日になるはずだ。

参加申し込みとイベント詳細

イベント詳細情報:「Agric2018」ホームページ

参加申し込みページはこちらから。

※「本イベントを何で知りましたか?」という質問には「AGRI in ASIA」とお答え下さい

 

Pocket はてブ